片付けの「順序」を決めずに始めるのは、「準備」なしに手ぶらで旅行に行くのと同じという話

この記事で伝えたいこと

  • 「継続」するためには、強い目的(動機付け)が必要
  • 目的が明確なら、挫折しそうなときに立ち返ることができる
  • ただし結局のところ、片付けは「目的」ではなく「手段」でしかない

皆さんは、「いざ片付けを始めてはみたものの、途中で挫折してしまった」経験はないでしょうか?

今日は、どうすれば挫折せずに片付けをやりきれるのか、「目的」を持つという点から考えてみましょう。

「継続」するためには、強い目的(動機付け)が必要

ランニングを例に考えてみる

例えば、あなたがランニングを始めようというとき、目的はなんでしょうか。

・健康促進のため
・痩せるため(そして誰かに好意を持ってもらうため)
・マラソン大会に出場するため
etc.

概ねこういったものかと思います。
しかし、もしそれがなかったとしたら・・・

当然ながら、頑張って続ける理由がないので、すぐに挫折してしまう姿を想像するのは難しくないのではないでしょうか。

さらに、仮に目的を定めても、そこにたいして思い入れがない場合も同様でしょう。
(痩せるため、と言いつつも、誰かに咎められるようなことは実際ないので、まあ今のままでもいいかとやめてしまう)

つまり、
①目的を持つ
②その目的に対して一生懸命になれるものである

という2つが、何かを「継続」するための前提条件と言えます。

片付けにおける目的とは

本文

目的が明確なら、挫折しそうなときに立ち返ることができる

このセクションの概要ないしは結論

小見出し1

本文

小見出し2

本文

ただし結局のところ、片付けは「目的」ではなく「手段」でしかない

このセクションの概要ないしは結論

小見出し1

本文

小見出し2

本文

まとめ

本文